ネクスガードとはどう違うの?

ネクスガードスペクトラの購入はこちら
違いを考える女性ネクスガードスペクトラと非常によく似た名前の予防薬に、ネクスガードというものがあります。

ネクスガードは、ネクスガードスペクトラと同じ開発が開発した犬用の予防薬です。

この商品とネクスガードスペクトラは、名前が似ているだけでなく共通点も多いのでどのような違いがあるのか疑問に思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

ネクスガードとネクスガードスペクトラの違いについて、疑問に思ったことがある方のためにご説明します。

 

配合されている成分と効果範囲の違い

ネクスガードとネクスガードスペクトラの違いで、もっとも大きなものが配合されている成分の違いです。

この2つの予防薬は、よく似ていますがそれぞれ違う成分が配合されています。

すでにご紹介したように、ネクスガードスペクトラには有効成分としてミルベマイシンオキシムとアフォキソラネルが配合されています。

これに対し、ネクスガードに配合されている成分はアフォキソラネルのみです。

そのため、ネクスガードは効果を発揮する成分が少なく限られた範囲にしか効果を発揮しません。

ネクスガードスペクトラのほうが、効果範囲が広く一度にさまざまな効果を期待することができるのでおすすめです。

 

対象になる寄生虫の違い

配合されている成分が異なることによって、ネクスガードとネクスガードスペクトラでは駆除できる寄生虫にも違いがあります。

先ほども軽く触れましたが、ネクスガードに配合されている成分はアフォキソラネルです。

この成分は、犬のノミダニ予防のために開発された成分でノミやマダニに高い駆除効果を発揮します。

しかし、それ以外の寄生虫を駆除することはできないのでネクスガードではノミダニ予防しか行うことができません。

これに対し、ネクスガードスペクトラにはアフォキソラネルだけでなくミルベマイシンオキシムも配合されています。

ノミダニ予防の成分だけでなく、フィラリアや内部寄生虫の駆除と予防に使われる成分も含まれているので幅広い寄生虫に対して効果を発揮します。

具体的にはフィラリアやノミ、マダニ、回虫や鉤虫、鞭虫といった寄生虫を駆除・予防することができます。

一部の寄生虫にしか効果が限定されているわけではないのが、ネクスガードとネクスガードスペクトラにある大きな違いの1つです。

 

1錠あたりの価格にも違いがある

ここまでご紹介したように、ネクスガードとネクスガードスペクトラにはさまざまな違いがあります。

成分や効果が主な違いとして挙げられますが、これだけではなく価格にも大きな違いがあります。

ネクスガードの価格は、動物病院によって多少違いはありますが1錠あたり大体1,400円ほどです。

もっとも用量が多い種類だと、1錠あたり1,800円ほどの価格で販売されています。

これに対し、ネクスガードスペクトラの1錠あたりの価格は大体2,300円ほどになっています。

もっとも用量が多いものだと1錠あたり大体3,900円ほどの価格設定になっているので、配合されている成分の種類が多い分ネクスガードスペクトラのほうが高めに設定されています。

このように、ネクスガードとネクスガードスペクトラは価格面にも大きな違いがあるのでしっかり覚えておきましょう。

 

ネクスガードとネクスガードスペクトラは異なる商品

淑女と愛犬ネクスガードとネクスガードスペクトラは、名前やパッケージの印象がよく似ている商品です。

薬のタイプも同じチュアブルタイプが採用されているので、どちらも似たような薬だと思ってしまう方も多いことでしょう。

しかし、ネクスガードはノミやマダニにしか効果がなく、ネクスガードスペクトラはフィラリアやノミ、マダニ、回虫や鉤虫、鞭虫などさまざまな寄生虫に効果を発揮します。

あくまでも似ているというだけで、それぞれ別の予防薬なので混同して覚えないように注意しましょう。

ネクスガードスペクトラの購入はこちら

コメント